大野小学校計画訪問

更新日:2021年6月18日

つながりを生かして、自ら学び、判断し、表現する児童の育成 (コロナ禍を踏まえた、主体的・対話的で深い学びを通して)

大野小学校では、今年度の研究テーマを「つながりを生かして、自ら学び、判断し、表現する児童の育成(コロナ禍を踏まえた、主体的・対話的で深い学びを通して)」と設定し、授業研究に取り組んでいます。当日は「コロナ禍における、考え、議論する道徳の授業の在りかたとは」を協議テーマとし、道徳科(5学年)の提案授業を基に研究協議が行われました。

公開授業では、先生方が5年生の教室に集まって授業参観を行い、放課後の事後検討会では、本時での中心発問の在りかたや、グループの意見交流によって児童の考えがどのように深まりを見せたかといった話題を中心に、熱心な協議が行われていました。

3年生の学級活動では、前日の給食メニューにどのような栄養素が含まれているのかを、グループで調べる活動を通して、これからの食生活について考える学習が行われました。

1年生の国語科では、文の順序に気をつけながら、説明文「どうやってみをまもるのかな」を読み取る学習が行われ、ICT機器を活用した授業が展開されていました。

提案授業 第5学年道徳科
第5学年 道徳科

先生方の熱心な授業参観
熱心な授業参観

考えを深め合う話合い活動
話合い活動による考えの深め合い

3学年学級活動
3学年学級活動 栄養素を調べる

児童がICT機器を活用する活動
児童が電子黒板を活用する

答えまでの過程を伝え合う活動
過程を伝え合う活動

お問い合わせ

教育委員会教育指導課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る