調理場の設備について

更新日:2021年5月20日

給食が作られる場所

給食を調理している設備等をご紹介します。

大きい釜の写真


和え物専用調理場です。

千人釜(小さい釜)が2個・ガス釜が1個あります。野菜類を90度以上に加熱します。

真空冷却機写真


加熱した野菜を、真空冷却機に入れます。(写真中央)
真空状態で、一気に7度に下げます。(温度設定可)

オーブン写真


焼き物機(高温スチーム付きオーブン)
コンベアー式の長いオーブンです。次々と焼き上がっていきます。
例:ハンバーグ1個 210度・10分

フライヤー(揚げもの機)写真


揚げ物機
コンベアー式の長いフライヤーです。
例:鶏のから揚げ1個 170度・10分

大きい釜が並んだ写真


椀物(みそ汁やカレーなど)やメイン料理(炒め物や焼きそば等)のを作る場所です。
自動レボル釜(大)が4個・千人釜(小)が2個あります。
毎日約6,700食をここで作ります。

洗浄機の写真


洗浄専用室です。
左から食缶洗浄機・カップ洗浄機・皿洗浄機があります。

給食が出来るまでの簡単な流れ

午前8時30分から

調理開始

午前10時30分から午前11時頃 配食(食缶、バットへよそいます)
午前10時45分頃から 各学校へ配送
午前12時10分以降 各学校で給食開始

お問い合わせ

教育委員会学校給食センター

〒302-0116 茨城県守谷市大柏1064番地の2

電話:0297-48-0253

ファクス:0297-48-5388

この担当課にメールを送る