(国民年金)離婚した場合

更新日:2021年9月14日

離婚した場合の手続について

配偶者の扶養に入っていた方は、扶養から外れるため、土浦年金事務所または守谷市で、種別変更の手続(第3号被保険者から第1号被保険者へ)をしてください。

第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者)だったかたは、離婚により第1号被保険者となります。

添付書類

  • 年金手帳
  • 資格喪失証明書(配偶者の扶養をはずれた日がわかる書類)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、在留カードなど。郵送の場合は写し)
  • (マイナンバーで申請する場合)マイナンバーカード、または通知カード(氏名、住所等が住民票の記載と一致する場合に限る)
  • 委任状(本人または世帯主以外のかたが窓口で申請する場合)

離婚時の年金分割制度のお知らせについて

離婚した場合、お二人の婚姻期間中の厚生年金を分割して、それぞれの年金にすることができます。詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。(土浦年金事務所にお問い合わせください。市役所での手続きはできません。)

請求期限(原則、離婚等をした日の翌日から起算して 2年以内)を経過していないこと。また、請求の特例がありますので、事前に日本土浦年金事務所までお問い合わせください。

お問合せ

〒300-0812
住所:土浦市下高津2丁目7番29号 日本年金機構土浦年金事務所宛て
電話:029-825-1170(代表)

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る