転入の手続

更新日:2021年10月6日

転入届(他市区町村から守谷市への引っ越し)

住民登録すると、住民基本台帳に登録され、義務教育、選挙、国民健康保険、国民年金などの基本となります。

変更があったときは、住み始めた日から14日以内に届出をしてください。

届出期間

守谷市に住み始めた日から14日以内
(注意)住み始める前に転入届を出すことはできません。

受付場所・受付日・受付時間

  • 市役所のみ(公民館・保健センター・文化会館では手続きできません)
  • 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
  • 午前8時30分から午後5時15分

(注意)

  • 日曜開庁時には手続きできません 。
  • 郵送での手続きはできません。
  • 所要時間は通常40分程度かかりますので、お時間に余裕を持ってお越しください(混雑時などの順番待ち時間は含まれません)。
  • 月曜日・祝日の翌日は混み合う傾向にあります。(窓口混雑予想
  • 正午から午後2時の間は、他の時間より待ち時間が長くなる場合があります。

届出人

  • 本人
  • 本人から委任を受けた代理人のかた(委任状が必要)、本人に転入届が提出されたことを通知させていただきますのでご了承ください。

届出に必要なもの

住所の確認ができるもの(コピー可)

(水道開栓手続きを済ませている場合、確認書類が不要の場合があります。)

  • 持ち家の場合:登記簿謄本、売買契約書、工事請負契約書など
  • 賃貸の場合:賃貸借契約書など
  • 同居の場合:転入先住所の世帯主または所有者からの同意書(例:婚姻前に同居する場合、成人した子が親の住所地に転入する場合、転入されるかたの中に所有者・賃貸借契約者がいない場合など)
  • 会社の寮の場合:会社からの居住(入寮)証明
  • 転入先住所あての郵便物など、住所と名前が確認できるもの

(注意)ご不明な点は、事前にお問い合わせください。

転出証明書(今まで住んでいた市区町村で、転出手続きをした際に発行されます)

(注意)個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちのかたには転出証明書が発行されない場合があります。カードをお持ちのかたは必ずご持参ください(カード受取時に設定した数字4桁の暗証番号が必要です)。

届出人の本人確認できるもの

  • 運転免許証
  • パスポート(旅券)
  • 個人番号カード
  • 顔写真付きの住民基本台帳カード
  • 健康保険証と診察券など、名前の確認できるもの2点
  • 外国人住民のかたは、在留カードまたは特別永住者証明書

(注意)個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちのかた

  • 個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちのかたは、継続利用の手続きが必要となります。引き続き利用するため転入手続きの際には、カード及び暗証番号(カード受取時に設定した数字4桁)が必要となります。また、各カードに新しい住所の追記をさせていただきます。

守谷市に転入されるかたへ

海外から転入するかた

  • 帰国日から14日以内に転入手続きをしてください。
  • 転出証明書の代わりに下記のものが必要です。

守谷市から海外へ転出し、守谷市へ5年以内に転出前の同住所に戻って来られたかた:転入されるかた全員のパスポートのみ。

上記以外のかた:パスポート、戸籍謄本、戸籍の附票(本籍地が守谷市のかたは、戸籍謄本、戸籍の附票は必要ありません)。

(注意)自動化ゲートを利用し、パスポートに出入国の記録が残らない場合は、飛行機搭乗券の半券など入国日が確認できるものを必ずお持ちください。(入国日を確認できるものがない場合は転入手続きができませんのでご注意ください。)

  • 外国人住民のかたは、パスポート、在留カードまたは特別永住者証明書。
  • 外国人住民のかたで家族で転入される場合、本国の官憲が発行した家族関係のわかる証明書(家族事項証明書、婚姻証明書など:この書類がないとご夫婦や親子であっても続柄が縁故者となります。)とその日本語訳文。

転入届に伴うその他の手続きに必要なもの

  • 国民健康保険証(転入によって世帯主が変わる場合のみ)
  • 国民年金手帳(厚生年金・共済年金のかたは職場で手続きをするため、市役所での手続きはありません)
  • マル福・すこやか医療、後期高齢者医療該当のかたは、国保年金課のページをご覧ください。
  • 在学証明書と教科書給与証明書(小学校、中学校)
  • 障がい者手帳、療育手帳、障がい者自立支援医療(精神通院)制度に該当のかたは、社会福祉課のページをご覧ください。

子育て世代包括支援センター(妊婦のかた、未就学のかた)

  • お子さんの母子健康手帳
  • 前住所地から配付された妊産婦一般健康診査受診票
  • 前住所地から配付された予防接種予診票

注意事項

  • 住所の確認がとれない場合は、住民票の発行やその他の手続きもできませんのでご注意ください。
  • 守谷市に転入する手続きをしても、本籍が守谷市になるわけではありません。本籍地を守谷市に変更する場合は「転籍届」が必要です。
  • 個人番号カード、住民基本台帳カードをお持ちのかたは、継続利用の手続きをすることで引き続き利用することができます。手続きには、カード及び暗証番号(カード受取時に設定した数字4桁)が必要です。

その他の手続き

上下水道に関すること(上下水道事務所のページ

ごみに関すること(生活環境課のページ

犬の登録に関すること(生活環境課のページ

運転免許証の記載変更(茨城県警察のページ

NHKの受信料に関すること(NHK日本放送協会のページ

お問い合わせ

生活経済部総合窓口課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る