財政用語の解説(交付税編)

更新日:2020年3月25日

標準財政規模

地方公共団体の標準的な状態で通常収入されると見込まれる経常的一般財源の規模を示すものです。
地方税法に定める法定普通税を、標準税率により地方交付税法で定める方法で算定した標準税収入額に、各種譲与税、交通安全対策特別交付金を加え、さらに普通交付税と臨時財政対策債発行可能額(平成20年度決算から)を加算して算定されます。

標準財政規模

基準財政収入額

地方交付税の算定基礎となるもので、各地方公共団体の財政力を合理的に測定するために、標準的な状態において徴収が見込まれる税収入を一定の方法によって算定した額です。

基準財政需要額

地方交付税の算定基礎となるもので、各地方公共団体が合理的かつ妥当な水準における行政を行い、または施設を維持するための財政需要を一定の方法によって合理的に算定した額です。
基準財政需要額が基準財政収入額を超える地方公共団体に対して、その差額(財源不足額)を基本として、普通交付税が交付されます。

財政力指数

基準財政収入額を基準財政需用額で割って得た数値の過去3か年の平均値のことで、国が各種財政援助措置を行う場合の財政力の判断指数とされているものです。1に近いほど財源に余裕があるとされ、単年度で1を超える地方公共団体は普通交付税の不交付団体となります。
守谷市は、平成17年度から21年度の間は、単年度で1を超えていたので、普通交付税の不交付団体でしたが、平成22年度は1を下回ったため、普通交付税の交付団体となりました。その後は、交付団体の時期が続きましたが、再び、平成30年度から不交付団体となっています。

財政力指数

  29年度 30年度 元年度
守谷市 0.987 0.996 1.002
県内平均 0.697 0.702 0.706

(注意)各年度の数値はそれぞれ3か年平均

お問い合わせ

市長公室財政課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る