このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

綴じ糸のゆるみ

更新日:2022年1月9日

糸がゆるんで隙間が出来ています。
ボンドを入れて、中身とゆるんだ糸を一緒に背に接着します。

手順1
写真は隙間があるため直接ボンドを充填しています。

アドバイス
ボンドを入れすぎると、閉じた時、本の中まではみ出すので注意してください。最初は少なめで徐々に適量を把握してください。

手順2
あまり隙間が無い場合などは、天地からボンドを入れてください。
竹ヒゴでボンドを背の部分に広げます。

アドバイス

  • 竹ヒゴを回しながらボンドを奥に入れてください。
  • ボンドを入れすぎた場合などは、竹ヒゴを使ってかき出してください。

手順3
写真の竹ヒゴを入れている箇所は、表紙と中身を取り付けている寒冷紗が剥れているため、ボンドを入れて接着します。

手順4
本を閉じ、背をクリップ等で固定します。

アドバイス

  • 竹ヒゴで十分広げてください。
  • 背の部分にもボンドを付けて、表紙とつけてください。

戻る(セロテープ等のはがしかた)

次へ(寒冷紗を使った修理)

お問い合わせ

教育委員会中央図書館
〒302-0116 茨城県守谷市大柏937番地の2
電話:0297-45-1000
ファクス:0297-45-7500

この担当課にメールを送る

本文ここまで