このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

寒冷紗を使った修理

更新日:2022年1月9日

中身と表紙がはずれています。
寒冷紗が切れているので、本を分解して修理します。

手順1
遊び紙を中身からはがします。

説明
中身と見返し紙の間に両手の親指を入れずれないようしっかり握り、固定しながら開いてください。

手順2 ノド部分を開くようにはがします。

手順3 3、4回開いて閉じてを繰り返し、あおるようにはがしてください。

手順4 天と地両方を同じようにはがします。

説明

  • 大きな本は、天地をあおって開いてから、遊び紙を引いて中央部分をはがしてください。
  • 寒冷紗が外れない場合は、見返し紙をはがしてからカッター等で寒冷紗を切り中身と表紙を外してください。

中身と表紙が完全にはずれました。

手順5 寒冷紗と遊び紙を一緒に表紙からはがします。はがす幅は、2センチメートルから3センチメートル程度で、元の寒冷紗が貼ってある部分が目安です。

説明

  • 貼りついた寒冷紗と見返し紙を破かないようにていねいにはがしてください。また、見返し紙をはがす際、カバー用フィルムが邪魔になる場合があります見返紙に沿ってブッカーに切れ込みを入れてはがしてください。
  • 寒冷紗が無い天地の部分は破れやすいので注意してください。
  • 絵本など寒冷紗がはれにくい本は、表紙の芯のボール紙を薄くはいでください。

アドバイス
表紙の芯のボール紙を薄くはがす時は、カッターで少し切り込みを入れると良いです。

手順6
貼ってある元の寒冷紗をはがします。

説明

  • 寒冷紗をはがさないと補修個所が厚くなってしまいます。
  • 見返し紙が破けてしまう場合は、止めてそのまま糊で貼り付けてください。

手順7
今回は、中身が2つに分かれているので、外れている部分を糊付けします。

手順8
背の部分から3ミリメートルから5ミリメートル程度の幅でボンドをつけます。

説明
ボンドをつける時は、ハクリ紙などを当て紙して塗ると一定の幅でつけることができます。

手順9
小口部分などを正確に合わせてページを貼り付けます。

手順10
花ぎれとしおりを中身から外し、中身の背の部分をきれいに掃除します。

手順11
背の高さより2センチメートル程度短い寒冷紗を用意します。 寒冷紗の幅は、中身の厚さに4センチメートルから6センチメートル程度の羽部分を足した幅です。(幅は、本の厚さや大きさで変えてください。)

手順12
花ぎれとしおりを元の位置に取り付けます。

手順13
中身の背にボンドを付け、寒冷紗を貼ります。

説明

  • 寒冷紗の幅は、本の中身の厚さ+4~6センチメートル程度で長さは、中身より2センチメートル程度短くしてください。
  • 寒冷紗の羽の部分(中身から両サイドに出ている部分)があまり狭いと表紙に取り付ける際強度が不足します。

寒冷紗を貼ったところ。
中身の背の部分が弱い場合は、寒冷紗の上から補強用に地券紙や封筒などの厚紙を貼ってください。

手順14
表紙と中身をクリップで仮留めし、寒冷紗と見返し紙を持ち上げて、表紙の部分にボンド又は糊をつけます。

手順15
寒冷紗を表紙に貼ります。

説明
仮留めする時は、表紙と中身の天地が逆にならないよう注意してください。

手順16
貼りつけた寒冷紗の上にさらにボンド(糊)をつけます。その時、見返しが貼ってあった中身の背の部分にも3ミリメートルから5ミリメートル程度糊をつけます。

手順17
見返し紙を貼ります。

手順18
反対側も同様に、手順14以降の作業を行います。

手順19
目玉クリップ等でミゾ部分を挟んで固定します。

手順20
乾燥後クリップを外して完成です。

説明
小口側が開いてしまう場合は、重しを載せるか、小口側もクリップで固定します。

戻る(綴じ糸のゆるみ)

次へ(ノド部分の破れ)

お問い合わせ

教育委員会中央図書館
〒302-0116 茨城県守谷市大柏937番地の2
電話:0297-45-1000
ファクス:0297-45-7500

この担当課にメールを送る

本文ここまで