このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ノド部分の破れ

更新日:2022年1月9日

ノドの部分が破けています。

手順1
紙製のページヘルパー又は補修用和紙(美濃紙や雁皮紙など)を5ミリメートルから8ミリメートル程度の幅に、カッターで切っておきます。

説明
補修用和紙やページヘルパーは、絵や文字がある程度透きとおるものを使用してください。
本の大きさによって補修用の和紙の幅を変えてください。

手順2
破れている部分をあわせ、和紙の幅より広めにボンドをつけます。
糊付のページヘルパーを使用する場合は、ハクリ紙をはがして貼ってください。はがしにくい時は、カッターの刃先でページヘルパーの端をめくりあげると簡単です。

手順3
破けている部分に和紙を貼り、軽く抑えます。

説明

  • ボンドの塗り幅は、広くなっても乾燥すると透明になるので問題ありません。
  • 薄いボンドを使うと強度が弱くなります。原液のものを使用してください。
  • 和紙は濡れると非常に破けやすくなります。一度指で押さえたら出来るだけ触らないようにしてください。
  • 気温にもよりますが、1時間弱程度で乾燥します。

戻る(寒冷紗を使った修理)

次へ(ページの欠損)

お問い合わせ

教育委員会中央図書館
〒302-0116 茨城県守谷市大柏937番地の2
電話:0297-45-1000
ファクス:0297-45-7500

この担当課にメールを送る

本文ここまで