このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ページの外れ

更新日:2022年1月9日

ページが外れています。原液のボンドを使用して補修します。

手順1
ボンドをノドに入れます。

手順2
ボンドを竹ヒゴなどでノドの奥に入れます。

アドバイス
ボンドの量は縫い糸からタコ糸程度まで太さ程度の量を目安にしてください。ボンドの量があまり多いとページの間にはみ出してしまいます。
写真は、修正液の容器を使って一定の量が出るようにしたものを使用しています。

手順3
外れたページをノドの部分にきちんと差し込みます。

アドバイス
下のページと良く合わせてください。はみ出してしまう時は、前小口部分を合わせて、しっかり押さえて小口からノド方向に押し込むように入れてください。

手順4
竹ヒゴなどを使ってノド部分を軽く押し込みます。

アドバイス
ミゾ部分を竹ヒゴなどで抑えるとページが奥まで入ります。

手順5
目玉クリップなどで背を挟んで固定します。

アドバイス
接着するまでの時間は、紙質や気温で異なりますが、概ね30分から1時間程度である程度接着します。クリップを外しても結構です。

ただし、本を開くのは、1日置いて完全に乾燥してからにしてください。

戻る(ページの破れ)

次へ(セロテープ等のはがしかた)

お問い合わせ

教育委員会中央図書館
〒302-0116 茨城県守谷市大柏937番地の2
電話:0297-45-1000
ファクス:0297-45-7500

この担当課にメールを送る

本文ここまで