このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

2013年度 アーティスト・イン・レジデンス

更新日:2017年6月6日

2013年度アーティスト・イン・レジデンスには、64の国と地域から、344人の応募がありました。今年度は、メキシコ・ドイツ・インドから3名のアーティストが、9月上旬より守谷市を訪れ、100日間市内に滞在し、もりや学びの里にあるアーカススタジオで制作活動を行いました。

招へいアーティスト

ロドリゴ・ゴンザレス・カスティージョ

プロフィール

メキシコ出身 1984年生まれ 男性
ベラクルサーナ大学(メキシコ)卒。大理石の石版画を中心に、石灰岩、ポリエステル・プレート、木板、リノリウム板など、多岐に渡る素材や技法を用いた版画制作を行う。2009年から2013年までメキシコの主要なアート・センターの一つである「La Ceiba Grafica」にて、アーティストの版画制作補助や、実験的な版画ワークショップを手がける。メキシコ国内やニューヨークでのグループ展などで活躍しているアーティスト。

滞在中の制作活動予定

今回の滞在では、子どもとシルバーの二つの世代に焦点をあて、学校、図書館、病院などを訪れながら、彼らの関心や記憶、未来に抱くイメージなどをリサーチする予定。

シビレ・ノイマイヤー

プロフィール

ドイツ出身 1982年生まれ 女性
ヴュルツブルク応用化学大学(ドイツ)卒。ベルン芸術大学大学院(スイス)修了。考古学、植物学、地形学など、さまざまな学問分野に関心を持ち、そのリサーチやフィールドワークを元に、気候や自然現象などをモチーフにした映像作品やインスタレーションの制作を行う。コミュニケーション・デザイナー、アーティスト、リサーチャーなど、多様な活動をしている。ヴュルツブルク大学にて言語科学、美術史、民族学を学んだ後、2011年、ヴュルツブルク応用化学大学コミュニケーション・デザイン科卒業。同年、ベルン芸術大学大学院にて情報・コミュニケーション科修了。これまでに、ヨーロッパを中心に多くの国に滞在した経験を持つ。

滞在中の制作活動予定

今回の滞在では、科学者や植物学者と意見交換を行い、地元の人々とともに守谷の生物多様性についてリサーチする予定。

ナンデシャ・シャンティ・プラカシュ

プロフィール

インド出身 1968年生まれ 男性
バンガロール大学大学院(インド)修了。工芸品や既製品と広告、プロパガンダなどを組み合わせ、複雑な現代社会のあり方や、特にインドにおける政治意識に問いを投げかける彫刻やインスタレーションの制作を行う。バンガロールのカレッジ・オブ・ファイン・アーツC.K.P.で応用美術を学んだ後、ハート・アニメーション・アカデミー・ハイデラバードにてアニメーションを、バンガロール大学にて版画を学ぶ。2006年、バンガロール・アーティスツ・センター、アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(BAC)を設立。これまでに、インド国内やアメリカでの展覧会を行う。

滞在中の制作活動予定

今回の滞在では、守谷で見つけた古い道具や機材などを再利用し、地元の歴史や風土のリサーチをしながら作品制作を行う予定。

公募の選考を行った審査員

今年度からアーティスト・イン・レジデンスにおける招聘アーティストの選考方法を変更し、「Visiting Curator Program」のキース・ウィトル氏にも国際審査員として、アーカススタジオススタッフ、ゲストキュレーターと共に選考に関わっていただきました。

  • キース・ウィトル(イギリス)「Visiting Curator Program」インディペンデント・キュレーター
  • 堀内奈穂子(日本)ゲストキュレーター、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT(エイト)] キュレーター、アート・コーディネーター
  • アーカススタジオ

Visiting Curator Program

アーカスプロジェクトでは、海外からキュレーター/AIRオーガナイザー(1名)を招聘するVisiting Curator Program を実施しています。
本年度は、インディペンデント・キュレーターのキース・ウィトル氏が約1ヶ月間、守谷市に滞在し、独自の視点からリサーチ活動を行いました。

招聘期間

2013年5月21日(火曜)から6月19日(水曜)

プロフィール

キース・ウィトル (Keith Whittle)

イギリス出身 
インディペンデント・キュレーター。2000年から2002年、ロンドンのICA(Institute of Contemporary Arts)のアシスタントキュレーター、1994年から2005年までFilm and Umbrellaのキュレーターを務める。2005年以降、フリーのキュレーターとしてアジアの現代美術に着目し、様々なアートプロジェクトの企画、運営に関わる。日本のアートシーンとの関わりも深く、2009年には別府プロジェクトがおこなった別府現代美術フェスティバルにアシスタントプロジェクトディレクターとして参加している。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Keith Whittle氏のホームページ

アーカスプロジェクトに関するお問い合わせ

アーカススタジオ

守谷市板戸井2418 もりや学びの里 内
 火曜日から土曜日 午前10持から午後6時
 (日曜日・月曜日・祝日は休館 /月曜日が祝日の場合は火曜日が振替となります。)

電話:0297-46-2600
Eメール:arcus@arcus-project.com

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。アーカスプロジェクト公式ホームページ

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る

本文ここまで